音楽コラム(ブログ)

小阪・八戸ノ里エリアの川崎ピアノ教室ブログです。
音楽以外の事も記載しています。以前のBlogはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

発表会のピアノコンチェルト出演者抽選

発表会での初企画のピアノコンチェルト。

出演枠に限りがあるため、抽選となりまして、抽選方法について悩みました。

エントリーは予想以上で18名。

皆さんに集まってもらってくじ引きなりするのが良いのでしょうけど、そのために全員集合というのは現実的に不可能に近いので、クジを作ってそこから私がくじ引きしました。

20180819-103723.jpg

運試しですね。
倍率は3倍なので、当選確率は低めですね。。

落選された方は申し訳ありません🙇
一緒に客席からお楽しみいただけたらと思います♪

コンチェルト当選された方は、夢のステージで輝いて下さい。

また、コンチェルトご出演の生徒の皆さんには、コンチェルト協演のステージマナーなどもお伝えしていきます。

🌻・🐝・🌻・🐝・🌻・🐝・🌻・🐝

いつもお読みくださいましてありがとうございます。

発表会〜ピアノコンチェルト エントリーの抽選

ご案内していました発表会でのピアノコンチェルトエントリーは16日に締め切っていますが、
ずっとバタバタとしていまして抽選ができておりません。

本日、晩に抽選をします。

抽選はライヴ中継のようなもので実況できるものはないかとも考えてましたが、その方法を検索する時間もありません。
抽選方法は考え中ですが、良い方法がなければ、私の方であみだくじでさせて頂こうかと思います。

結果は今晩〜明日 個別にお知らせ致します。

当選された方はすぐに曲を決めたいと思います♪

🌻・🐝・🌻・🐝・🌻・🐝・🌻・🐝・🌻

いつもお読みくださいましてありがとうございます。

ヒントにつながれば

レッスンにおいて 伝えやすいこともあるけれど、伝えにくいことも沢山あります。

今、レッスンにおいて「伝えにくい」カテゴリーの一つといえる ある奏法を体感してもらえるのにかなり近い!と思えるので、ヴァイオリンをレッスングッズに購入しました。

もちろんヴァイオリンは教えていません。
ピアノ演奏において感覚を掴むためにヴァイオリンを活用できるということ。
20180815-110847.jpg
1番小さいサイズなので、この通り鍵盤の幅ぐらいでとても可愛らしいでしょ♪

奏法・ニュアンスを掴むためのアイテムなのでこのサイズ感でじゅうぶん。

私はヴァイオリンは通算2年ほど習っていたので簡単基本な奏法はわかります。
でも簡単な曲でさえも正確な音程では弾けないので、
「何か弾いて下さい♪」のリクエストはお受けできません(笑)💦

教室講師の先生にもヴァイオリン活用指導法をお伝えできたら、もう一台購入しようと思います。

ストレッチパン🍞
箱買いしていたのが届きました。
スクイーズと全く違い、とても弾力性の強いストレッチパン。
力はいるけど、引っ張ると伸びます。

指先や関節のトレーニングに良いです。
20180815-114516.jpg

20個箱入りだと結構ずっしり重いです
20180815-114550.jpg

9月のホームセミナー用に購入。
参加される先生方は、このハードタイプのストレッチパンはどなたもレッスンで使用されていないというので、セミナー教具の一つに取り入れるため、箱買い(20個)しました。

それでも10個余るので、ご入用の方に一つ108円でお譲り致します。
608円の商品ですが他店で108円で購入しました。

この商品と同じものです↓
20180815-115748.jpg

🔵ストレッチパンご希望の方は次回レッスン時かメール・ラインでお知らせ下さい!
(先着10名様限定)

🌻・🐝・🌻・🐝・🌻・🐝・🌻・🐝・🌻

いつもお読みくださいましてありがとうございます。

コンサートスタッフ アルバイト募集♪

🔵Fun♪ムジカフェスタコンサート
コンサートスタッフ募集中

日時:2018年9月17日(月)㊗️
場所:阿倍野区民センター大ホール
業務内容:ドア開閉係 及び受付
謝礼:4時間5000円/5時間6000円(交通費込)
募集:2名
※経験不問
※現在時間帯は確定していませが、11時〜16時前後予定

お問合わせは下記アドレス迄メールでお願いします。

香音の会
kanonnokai@yahoo.co.jp

川崎
mezzo-piano-@k.vodafone.ne.jp

🌻・🐝・🌻・🐝・🌻・🐝・🌻・🐝・🌻

いつもお読みくださいましてありがとうございます。

四声体の音域

今、四声(ソプラノ・アルト・テノール・バス)の合唱曲作曲中で、
ピアノを弾きながら作っていくのですが、
各声部の音域を間違えることがないよう また効率的な音域確認の方法を見つけました。

鍵盤に付箋をはってみました。
こんな些細な事だけど、弾きながら作曲する者にとってはこれは無駄な確認作業もなく効率的。

効率的だけど、締切日に間に合わせられるのか💦
20180814-174542.jpg

レッスンでは、バッハなどの(バッハ以外でも)テーマや旋律の声部の音域(ソプラノ・アルト・テノール・バス)の違いによる音質の変化をお話することがよくあります。

その時、
「このテーマはソプラノ、今度はアルトに移って」などと説明していますが、
インヴェンションなど頻繁にテーマの声部の変化がある曲は、こんな音域確認の付箋を貼ると音域を見て分かってもらいやすいのかも💡と思いました。

🌻・🐝・🌻・🐝・🌻・🐝・🌻・🐝・🌻

いつもお読みくださいましてありがとうございます。