子猫ちゃんのお食事〜生後間もない幼猫の育て方

昨日動物病院で教えてもらった、生後まもない仔猫〜生後一ヶ月位までの幼猫の育て方をまとめてみます。

●ミルク:幼猫用。牛乳はNG!
スキムミルクを代用する場合は人間用よりも薄めに。でも買いに行けるなら仔猫用のミルクにして。プラス栄養価の高いパウダーフードなど混ぜて。
2〜3時間に一回ぐらい。
下痢や脱水症状で命の危険があるため気をつける。
●へその緒:自然に取れるので取らないでそのままにして。
●排泄:母猫がなめてさせるので生後まもない仔猫は一人でできません。そのため、ティッシュなどでおしり付近を軽く刺激してあげて出してあげます。
基本的には、食後に出してあげます。
●体温調整ができないので、特に寒い低体温にならないようにしてあげる。直接触れないように湯たんぽやカイロ、ペットボトルにお湯を入れて湯たんぽ代わりにするとかで体温をみてあげる。

赤ちゃん猫の世話めちゃくちゃ大変なのかと思ったけど、小学生の娘も難なく世話をこなしています。想像より大変ではない感じ。人間の赤ちゃんの世話の方がよっぽど大変というのが正直な感想。
仔猫ちゃん、夜中泣いて起きることもなく、朝までぐっすり眠ってくれるし(^^)
兎に角、めちゃめちゃ可愛いです♡

次女が食事をさせています。
猫ちゃん、最初は腕をクロールして暴れて食べさせるのに一苦労だったけど、大分慣れてくれたみたい。

で、食事の後はおしっこです。
大体一回のおしっこの量は、ティッシュ一枚で足りる感じです。
このようにティッシュで刺激してあげると出てきます。ウンチも同じやり方で。

もしかしたら里親さんが見つかるかも…❤︎という嬉しいお話が舞い込んできております(^ ^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です