クレシェンド・デクレシェンドの意味 その後

先日、次女は小学校の音楽のテストで、
クレシェンド=だんだん大きく
デクレシェンド=だんだん小さく
と書いて不正解△だったことをこちらで書きました。

それから、再テスト?みたいなのか、同じのをやったそうで、今度は
クレシェンド=だんだん強く
デクレシェンド=だんだん弱く
と教科書通りに書いたら、無事○をもらえたそうです。
20141002-082558.jpg
それで先生に、なんで意味は同じなのに「だんだん大きく・小さく」は正解○にならないのか聞いたそうです。

その回答は、
教科書と同じ言葉じゃないと正解○にならないから。
とのことで、納得はしてない次女ですが、まぁ…もう何も言えないですよね。。。

それなら、クレシェンド、デクレシェンドの下の段のシャープ♯・フラット♭も同じではないのかと、(学校の指導法が)心配になりました。

シャープ♯=半音あげる
フラット♭=半音下げる
と書いて正解○(←教科書通りなので)だけど、

シャープ♯=半音高くする
フラット♭=半音低くする
だと、これまた正解○にはならないんじゃないかと。。
どちらも正解○なんですけどね。

何だかな〜と思うけど、学校のテストでは教科書通りの言葉を使わないと危険ですね。。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です