虚無僧と尺八

楽器・楽譜色々研究中です。

先日、ある講義の中で尺八の研究発表がありました。

尺八は竹や木で作られた楽器。
手軽なプラスチック製もあるようです。

さて、どれがプラスチック製でしょう。
(答えはこの記事の一番下)
20180209-042457.jpg

明治四年に普化宗廃宗令により、寺や虚無僧が姿を消しました。
それまでの尺八は楽器としてではなく、お経や修行の法具としてのものでした。

その後は楽器として改良もされてきたようで、現在の楽器としての尺八となっているようです。

虚無僧の天蓋を被って歩く経験もさせていただきました。
20180209-081409.jpg

虚無僧は尺八を吹きながら天蓋を被って歩くのですが、その隙間からは足元が見辛く非常に危ないです。
視界もかなり狭く、前方だけ簾から覗くような感じでしょうか。

尺八は音を出すのにとても難しい楽器らしく、私は30分位かかりましたが、
また時間置いてみると一から音出しコツを掴むのを出直しです。

尺八の楽譜は五線譜ではなく、こういうもです↓
音程はあるけど、ドレミではないんですね。
また、拍子もリズムもないそうです。
20180209-083046.jpg

20180209-083107.jpg

20180209-083130.jpg

プラスチック製のリーズナブルな尺八を買って、ふるさと・もののけ姫・さくら など日本的な曲想の曲を演奏してみたいなぁ〜と思いました。

虚無僧のことも調べていくとなかなか興味深いもので、まだ謎な部分もあるようです。
また時間がある時に調べてみたいと思いました。

〈オマケ〉
休憩中ホッとひと息。
音符のマドラー♪に見惚れてしまいました♪
20180209-084839.jpg

〈答え:プラスチック製は、左から二番目〉

🌸⚪︎🌸⚪︎🌸⚪︎🌸⚪︎🌸⚪︎🌸⚪︎🌸⚪︎🌸⚪︎🌸⚪︎🌸

いつもお読みくださいましてありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です