指導者が配慮すべきこと

小阪・八戸ノ里駅エリアのピアノ教室です。
いつもご訪問頂きまして 有り難うございます。

先日ピティナ予選に参加された生徒さんからお聞きしました。

掲示発表時、その会場に居合わせていたある指導者の心無い発言があったとのこと。

以前にも同タイトルで記事にしたことはありますが、お聞きしたところ、容姿からはまた別の指導者と思われます。

発言内容は伏せますが、何を考えてそのような発言をするのでしょう。
私も過去に同様の発言をしている人を聞いたことはありますが、、

コンクールの場では参加者の方は色んな心の状態になっています。
軽はずみな言動は慎むと共に配慮も必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

指導者が配慮すべきこと」への2件のフィードバック

  1. ご無沙汰してます。
    先生も休まることなくお忙しそうですね。
    枚方と千里に出没する非常識なある有名人はいます。
    喧嘩になってもいいから言ってやりたいですよね。
    って言うのも言うだけで、実際には面と向かってはそうそう言えないですがね。そういう人は気付いてないので、この記事読んでたとしても、自分のことだとピンとこないでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です