若江岩田イコーラムホールでホールレッスン(その1)

近鉄線 河内小阪〜八戸ノ里エリアのピアノ教室です。
いつもご訪問頂きまして有難うございます。

1日1クリック応援をよろしくお願いします😊
(・ω-)
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ

3/25
今年に入って初のホールレッスンでした。

今回のホールレッスンが3回目の生徒さん、
💡「フォルテの出し方はホールで弾くと直ぐに解決出来ました。」
▶︎左手のある部分で音の出し方に悩まれていましたが、思う音に近づけるにはもう少し練習が必要ですが、イメージが出来たとのことでした。

今回ホールレッスン初めての生徒さんは、いつもの練習中の教本でレッスン。

バーナムより
💡「スタッカートの音の広がり方が面白い」
▶︎特にフォルテの時に面白いと思われたとのこと。
空間に広がる音を聴けているということですね。

ハノン スケールより
💡「カデンツの時、いつもの弾き方では物足らないと思いました」
▶︎特に右手の和音のボリュームでそう感じたそうです。
自分の耳で音・響きの足らない部分を認識するのは大切なことです。

バッハインヴェンションより
💡「16音符など指が弱い所は、ホールでは後ろまで音が届いていなかった」
(後部座席で聴かれていたお母さんからの感想)
▶︎普段から弱い部分ではありましたが、ホールでは更に音が届いていないと思われたそうです。
ゆっくり深く弾く練習を少ししてもらいましたが、初めよりも音は届くようになりました。

ホールで弾くと色んな発見があります。
普段の練習からホールでの演奏に対応できる演奏を意識していくと良いです。

ホールレッスンの時、こちらのドアからお入りくださいね。
「開かなかった」と時々お聞きするのですが、固いのかもしれません。
もう少し強く引っ張ると開くと思います。
20160326-142156.jpg

次回のホールレッスンは4/28(木)です

空き枠状況は、「レッスンについて」〜「4.ホールレッスン/予約・空き状況」から確認して頂けます。

ホールレッスン〈その2〉へ続く

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です