根性花 〜日々草

朝一レッスンのTさん。
外の花、えらいとこに生えてやるね〜。と。

あ、あの花ね…↓
20141002-084445.jpg
落ちてきた日々草の種が、アスファルトの隙間から咲いてます。

「根性花やなぁ(^ ^)」と、Tさん。

なるほど。
根性花か。。
と、納得する私。

花は小さいけど、今季最後、根性で頑張って咲いてくれてます(^-^)

クレシェンド・デクレシェンドの意味 その後

先日、次女は小学校の音楽のテストで、
クレシェンド=だんだん大きく
デクレシェンド=だんだん小さく
と書いて不正解△だったことをこちらで書きました。

それから、再テスト?みたいなのか、同じのをやったそうで、今度は
クレシェンド=だんだん強く
デクレシェンド=だんだん弱く
と教科書通りに書いたら、無事○をもらえたそうです。
20141002-082558.jpg
それで先生に、なんで意味は同じなのに「だんだん大きく・小さく」は正解○にならないのか聞いたそうです。

その回答は、
教科書と同じ言葉じゃないと正解○にならないから。
とのことで、納得はしてない次女ですが、まぁ…もう何も言えないですよね。。。

それなら、クレシェンド、デクレシェンドの下の段のシャープ♯・フラット♭も同じではないのかと、(学校の指導法が)心配になりました。

シャープ♯=半音あげる
フラット♭=半音下げる
と書いて正解○(←教科書通りなので)だけど、

シャープ♯=半音高くする
フラット♭=半音低くする
だと、これまた正解○にはならないんじゃないかと。。
どちらも正解○なんですけどね。

何だかな〜と思うけど、学校のテストでは教科書通りの言葉を使わないと危険ですね。。。。

ピアノの発表会に行ってきました  〜ライティホール

第一楽器さん主催の合同音楽発表会に、生徒さんの自宅生徒さんが参加されました。
生徒さんが直接出場されたわけではないのですが、その方の生徒さんを単発レッスンとして年に数回レッスンに連れて来られていて…。
そんな関係で今回ご招待を受けていたので参観させていただきました。
この日のためによくがんばりましたね♪素敵な舞台でした。

ライティホールの発表会。
自分がお客さんになって見ることはあまりないので新鮮な感じでした。

20140928-202716.jpg

プログラムを見ると。。想像通りといいますか、
レット・イット・ゴー ~ありのままで
雪だるまつくろう
生まれてはじめて
上の3曲がとっても多かったです。
先生の数からして30教室ぐらいが集まった大規模な合同発表会なので、曲がそれぐらい重複することになるでしょうけど、やはりどこの教室でもとても流行っているんだと改めて思いました。
こちらの発表会でも「アナと雪の女王」からの曲を演奏される生徒さんがいらっしゃいますが、同じ曲は重複しないよう選曲は早いもの順で決定しているので、アナ雪~の曲を選べた人は高い倍率の中ゲットできたとも言えます。
多くの生徒さんから選曲でアナ雪の曲のお問合せをいただいていましたし、既にアナ雪~の来年のご予約も聞いている曲もありますしね(^-^)
弾きたい曲をゲットするには「先着順」ですが、「もっと早くに言えばよかった~」とよく言われるので、特に流行りの曲は思いついた時に早めにお声をかけてください。(それでも先着順には変わりないのですが(^^;)

もう9月も終わり。
もうすぐ10月ですね。
第一楽器さんの発表会を見に行って、のんびりするのもここまで!と、本気で焦りもでてきました”(°°;)””((;°°)”
2ヶ月と少し!
やることが多くて追いつかない現状。けど、そんなのただの言い訳!と自分に言い聞かせてます(^^;

発表会を目標にされている皆さんも残りの期間頑張りましょう♪

 

ハロウィンパーティー準備に…ハロウィングッズ

来月10/25(土)は、幼児さん〜小学生対象のハロウィンパーティー。

パーティー用に紙コップなど見つけたので先に買っておきました。
こういうのってすぐに売り切れるんですよね〜。
再入荷はないだろうし。
20140928-045403.jpg
中途半端は嫌い。それが良いか悪いかは別として、やるとなったらトコトンする性格なので、本場の内容にも拘り今年も短時間ではありますが盛り沢山な内容を予定しています。

娘のインター時代でのハロウィンパーティー内容も参考に&イギリスの友人などにも現地での流行りや、やってみたら面白いんじゃない?という事などアドバイスももらいながらプランを立ててます( ̄▽ ̄)

Tokuhiro 先生も皆さんと参加したいと言ってくれているので、今年も楽しくお手伝いにも来てくれます。
また何か面白いことをしてもらえるかも!?(^ ^)

参加される方は10/1迄にお返事お待ちしています。
対象の生徒さんには一斉送信していますが、もし届いていない方がいらっしゃったらご連絡ください。

★プレゼント交換ですが、男女別にしますので、男の子は男の子用にご用意くださいね。

クレシェンド・デクレシェンドの意味〜小学生の音楽

次女が学校から持って帰ってきた音楽のプリント。

クレシェンドの意味=だんだん大きく
デクレシェンドの意味=だんだん小さく
と書いて△。
何故か正解〇をもらえませんでした。
20140925-233031.jpg
他にもピアノを習っているクラスのお友達も同じことを書いて△だったそうで、「なんで〜?」と話していたそうですが、直接先生には聞いていないそうです。
おかしいと思うことなど、疑問に思うことは質問せなあかんねんで。と話しましたが。

学校では、
クレシェンド=だんだん強く
デクレシェンド=だんだん弱く
と習っているそうで。

それなら、
「だんだん音を小さく/大きく」と“音を”と付ければ正解〇だったのか??
だけど、そうだとしても同じですよね。
「だんだん音を強く/弱く 」としないといけなくなりますね。
クレシェンドとは、イタリア語で「(子供など)大きく成長する」(=growing up)という意味でもあります。

ピアノや他の楽器でもそうだけど、ある部分をクレシェンドをかけていくことを、
「そこはだんだん大きくして」と言えなくるのと同じです。
「ボリュームもう少し小さくして」とも言えなくなります。。

このことでよく似た最近の出来事を思い出しました。
娘とは別の小学校に通う生徒さん。
「へんやろ~」と言って、音楽のテストを見せてくれました。
じゅう線(縦線)の事を「小節線」と書いて不正解×になったとのことで。

縦線とも小節線ともどちらもいいますので、両方正解〇です。
教科書などでは縦線になってたんでしょうね。音楽の先生に聞いたそうですが、
皆には「じゅう線 」と教えてるからじゅう線と答えていないと不正解になると言われたとのことでした。

同時に、昔のことを思い出しました。
私が中学生の頃。英語の試験で「森=woods」のことを「forest」と答えて不正解×だったこと。
その間違いについて先生に言ったら、「forest」は学校では習っていない。とか習わないから。とか、多分そのような理由でした。
woods=森林ですが、forest=森林より深い、規模の大きいというか。大森林になります。
当時は学校で習っていなかったかどうかの意識はなかったけど、文章からして、自分の中での想像(大森林)で答えたものだったと思います。

決まった答え方・名称があるものもありますが、複数の呼び名がついていたりするものもあったり、それに伴う他の解釈もあるので生徒に伝える時、教科書頼りにしてしまうのは危険ですね。
楽語を教える場合も同じことをよく思いますけどね。教科書表記以外に答え方・解釈は色々あることもありますから。

* * * * *

次女、学校から帰宅後お友達の家に遊びに行かせてもらい、お友達のペットのハリネズミちゃんを画像で見せてくれました。
かわいい❤︎
イメージのハリネズミよりスリムさんなように思いました(^-^)
ハリネズミ、飼ってほしいと言われました。。
20140926-001553.jpg

連弾 ブルグミュラー25の練習曲 15番バラード

これまでにも数曲こちらで紹介しています、ブルグミュラー25番練習曲の連弾。

今回は、演奏動画アップ初挑戦のRちゃん(小4)と合わせてみました。

伴奏用楽譜はシンプルなのですが、行ったり来たりのポジションが意外と大変!
焦る焦るで冷や汗かきました。
初見で弾けると思ってたけど甘かった~(>_<)
あと2~3回練習したらちゃんと弾けそう(←私がね)だけど・・・

Rちゃんだけで本来のソロの方がスッキリとしていたのかも(^^;
でもまぁ、ブルグ連弾の参考に。。。

演奏:Rちゃん&kawasaki
ブルグミュラー25の練習曲より15番「バラード」

ヤマハピアノ ホップステップコンサート(9/23)八尾プリズムホールにて

20140923-201135.jpg

ヤマハ音楽教室 小阪楽器店さん主催のホップステップコンサート、教室内 通称“ほぷすて”が八尾プリズムで開催されました。
今回は教室からの参加者は少数でした。

台風が近づいているとか聞いていますが、この秋分の日は秋晴れとなりました。

私も大人の部門で参加させていただきましたが、思うように練習がなかなかできず、予定の曲が全く弾けない(>_<)!ということで、前日に曲の変更をお願いすることになってしまいました。

また練習もできないだろうと分かっていながら、懲りもせずにまた来月も今年最後のほぷすてなので申し込んでしまっています(;_;)
今度こそ心入れ替えてがんばるぞ……(←自信なさげ)

出場された皆さんお疲れ様でした(*^_^*)
来月参加される生徒さんもまた頑張ってくださいね♪

発表会の合同練習会 一回目

発表会の合同練習、1回目でした。
お忙しいところ参加していただきましてありがとうございました。

9月~12月の月1練習日を設けています。
合同練習の時期に入ると発表会までもうすぐだな~というサインでもありますが、9月だとまだ先のこと。と、まだ実感もないかもですね^^;
今回は学校行事などあるところが結構あったそうで、参加者は少数でした。
運動会のところも多かったようですね。週間天気予報で日曜日は雨だったそうですが、晴れてよかったですね♪
第一部は少人数制グループのアンサンブルと合唱「アナと雪の女王」。
アナ雪の歌は流行ってるし皆さん好きな曲のようですよね(*^_^*)
元々楽譜の通りだと最初の出だしの音が低いファで出にくい音域で、どうしても声が小さくなってしまいます。
そこで、最初の音を幾つか上げて移調にしてはどうかと試み、数名の生徒さんの歌をする時に出だし音を#ファ、ソ、#ソ、ラ、♭シの5種類で試してみたことがあります。
ピアノ伴奏を弾く側としてはどの調になっても違和感ないのですが、お試しで違う調で歌ってもらったところ、声が出にくいのは最初だけで他はちょうど良い。というご意見もありましたので、このまま出だしをファのままで進めていきます。
20140922-103118.jpg

 

第二部
モーツァルトのリレー連弾(ヴォルフガングの玉手箱)
合唱『ロッシーニ/3つの聖歌』~信仰・希望・愛
信仰:読み全部・ソプラノ・アルト通唱
希望:    〃
愛  :読み全部・ソプラノ・ソロ通唱

こちらも同様に多くの方がお休みされましたが、皆さんで頑張ってみました^-^

Mさんがおはぎを作って来て下さって、合唱の休憩タイムで皆さんで美味しくいただきました。
ありがとうございました(*^_^*)
20140922-052827.jpg

合同練習終了後は講師たちのミーティング。
今年は講師たちの演奏、ちょっと新しいことを・・と企んでいます。

次回の合同練習は10月19日(日)です。

八戸ノ里ピアノ教室のブログ:9月のソルフェージュグループレッスン

八戸ノ里ピアノ教室~川崎ピアノ教室のレッスンブログです。

【子供クラス】
まず最初に気付いたことですが、「こんにちは」と言っても挨拶をしないで黙って入って着席する生徒さんがちらほらと目につきましたので、挨拶をすることをお話ししました。
「こんにちは」だけが挨拶ではありませんが、「こんにちは」の挨拶が苦手な場合は「さようなら」の挨拶を言わずにササッと帰ってしまったり。「ありがとう」や返事の言葉も出にくい傾向にあるように思います。
言おうとしているけど、どのタイミングで言おうかな…と、結局言えなかった。。というシャイなお子さんもいますし、最初から特に注意されなければしなくても良いもの。と思っているお子さんや、挨拶そのものをするとかしないとか特に気にしていない。と、色々です。
毎度こんなお話をしているわけではないのですが、半年に一度ぐらいでしょうか。。これらの挨拶は基本的なことだと思いますので、また様子をみてお話する機会があるかもしれません。
挨拶は簡単なことだけど、言い慣れていないと直ぐには出にくいのかもしれません。普段の習慣から自然と言葉として出るようになると良いのではと思います。
少し前は玄関での靴の脱ぎ方を説明しました。それ以来、玄関での靴のハチャメチャ感は少~落ち着いたかな??のように思います(^^;
でも、人数も多く、小さいお子さんも多いので靴に関してはある程度のところはOKだと思います(^-^)

・ソルフェージュNo.6、34
・日本音名・ドイツ音名の♯♭の読み・音名唱
・シャープ、フラットについて:増える順番、記号の書き方
10月は紙鍵盤、11月は五線シート&音符を皆さんにお渡しします。
・言葉リズム:数名の生徒さんに前に出てもらい、皆さんの前でもやってもらいました。

〔宿題〕ソルフェージュNo.7、35

シャープ♯・フラット♭のつく順番には決まりがあるというお話をしました。
今回は下の図は見せていませんが、12月~3月のソルフェージュで図をみながらレッスンします。

シャープのつく順番は、ファ・ド・ソ・レ・ラ・ミ・シ
フラットのつく順番は、シ・ミ・ラ・レ・ソ・ド・ファ
2014key

 

 

シャープ・フラットを付ける位置(高さ)にも決まりがありますが、それは12月のレッスンプログラムに組んでいますのでまたその時に(^-^)

♯♭を書いてもらいました。
最初に書き順・形の特徴を説明して。
皆さん一つずつとても丁寧に書いてくれました♪
20140920-222557.jpg

20140920-222629.jpg

次回のソルフェージュ子供クラスグループレッスンは10月20日(土)14:05~です。
次回はリズムカードをしますので持ってきてくださいね。

*          *          *          *          *

【大人クラス】
・聴音:リズムカード〜速記法・5度音程
・ベルアンサンブル:黒い瞳の/ロシア民謡

聴音は、今までなかなか上手く聴き(書き)取れなかった人も、今回の方法ではほぼ皆さんが少ない回数で完成に近い形で聴き(書き)取れました(^^♪

今回ベルでこの曲をするのは4回目です。
このクラスは皆さん都合を付けるのが難しい方が多く、また第三土曜という中途半端なとこが うっかり忘れてた!ということもあり、毎回参加者が総入れ替えなほど違うのでベルを4回やってる人は誰もいないのです。。(^^;

ベルは14本使用で撮ってみました。

次回のソルフェージュ大人クラスは、10月20日(土)18時~です。

連弾 ブルグミュラー25の練習曲 3番 パストラル(牧歌)

ブルグミュラー25の練習曲の連弾です。
先月~ご入会いただいたTさんです。
先週新しい課題「パストラル」を出して、今週はじめて弾いていただきました。
で、いきなりの連弾です^^;
ソロとはまた違った窮屈さや気遣い、やややこしさがあるのも連弾ですが、ソロとは違ってアンサンブルとして音の広がりや自分のパートにない音を聴きながら弾くことや、それに伴う楽しさなどが得られるのも連弾です。

ブルグミュラーの連弾、親子連弾などにも手軽にできると思いますよ。
興味を持っていただけたらブルグミュラーの連弾も今後いかがでしょうか(^-^)?

演奏:Tさん&kawasaki
ブルグミュラー作曲:パストラル(牧歌)

。 。 。 。 。 。 。 。 。

玄関先の日日草。
落ちた種からがんばって、アスファルトの隙間から咲いてくれました。
ウエストをギュッとしめつけられてちょっとしんどそうにも見えるけど。
その奥にも葉っぱが沢山。
20140919-161704.jpg